FC2ブログ

moonwalker

大月町での風景づくり活動日記

Entries

牧野富太郎の道づくり

 牧野植物園の稲垣先生と東京大学の羽藤先生をお招きし、牧野富太郎が歩いた道と思われる泊浦~芳ノ沢間の道を歩いていただいた。
まず、芳ノ沢小学校に車を止め、泊浦まで貸し自転車を使って移動した。 その殆どが下り坂であるため、いたって快適な移動手段である。 泊浦で自転車を乗り捨て(後で回収します)、あとは徒歩でコースに入る。
r_CIMG1839.jpg
 小川のせせらぎを聴きながら沢伝いに登って行く。 稲垣先生には珍しい植物を特定していただき、我々がその名前と特徴を記入した荷札を括り付けて行く事にする。 それを写真に納めて後でネームプレートに付け替えて行くことにする。
r_CIMG1841.jpg
 道中、けっこうシダ植物が多い。 こりゃーまだまだ草刈りが大変だ・・・。
r_CIMG1843.jpg
 途中、昔ながらの棚田が見える。 背後には巨大な風車群。 この時代のアンバランスさも結構いい。
 最終的に、「このコースは相当いいよ!」と羽藤先生にもお墨付きをいただき、29日のイベントに使う事にする。
r_CIMG1852.jpg
 この日は、午後から「秋の植物観察会」を開催する。
これから、植物のガイドになってもらう方を育てる目的なんだけど、予想外に人が集まって20名。 稲垣先生を呼んだのが良かったのか? 町内にも植物好きな方が結構多いのに驚いてしまった。
r_CIMG1877.jpg
 長沢地区を散策をしていると「ヤッコソウ」を発見!
 それにしても稲垣先生の頭の引き出しの数は相当ありそうだ。 質問をするとすぐに答えが返ってくる。 当然、私のように「あー」「えーっと」とかは全く言わない。 植物の名前、特徴、名前の由来など、どんどんあふれ出してきて、聴いてると自分自身が知る喜びに満たされてくるのが良く分かる。 「アキノタムラソウ」の学名が「サルビアジャポニカ」だと知っただけで「それってカッコイイ!誰かに教えてやろう!」と、つい思ってしまう。
 最近、自分もこういったガイド付き山歩きが好きになってきたのはこのせいかもしれない。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。