FC2ブログ

moonwalker

大月町での風景づくり活動日記

Entries

富太郎と三原への道

 17日より、羽藤先生と東京大学、愛媛大学の学生が大月に入り、牧野富太郎が歩いた道と資源調査を行った。
 牧野富太郎は明治14年と25年の青年期に大月町に植物調査に訪れ、町内各地で植物採取をおこなっている。 今回の調査は、県立牧野植物園の牧野文庫に残る記録を基に、富太郎が歩いた道と採取した植物の調査を行い、町内で観光客をナビゲーションするシステム構築のための基礎データ収集が目的となる。 植物に詳しい竹田さんの協力を得ながら、県内では大月町にしかないススキや、地球上では大月町柏島しかない○○○とか、いろいろと教えていただくと結構面白い。 でも、これって結局ガイドが一緒でないとただの雑草にしか見えないんだよねぇ・・・。 せっかく覚えたアキノタムラソウを「これもハルノタムラソウですか?」という始末で、富太郎のようにスケッチでもしないと覚えられそうにない。
20081020_01.jpg
 18日は長沢~地吉~椎の浦~泊浦~芳の沢~長沢で全20キロくらいを歩き、19日は大堂~柏島7キロの後、シーカヤックで太平洋に乗り出した途端、大波を被ってビショビショに。 そして、夜は三原まで25キロのナイトウォークをする・・・って、マジっすか?   タヌキが出ても知らないよ!?(なんだこれ?)
20081020_02.jpg
 先生ご一行は0時の予定が午前1時に宿舎を出発。 大月町を出ると、もう開いているお店も無いから、今日はサプライズ?「風景バー」を臨時営業です。 先生にも内緒で出店したので最初は「何これ?」ってびっくりしてましたけど、しまいには大盛況。 「先生、熱燗もあるよ!」
20081020_03.jpg
 この後、先生ご一行は嵐のように三原村方面に消えて行ったのでした。 午前2時30分閉店です。
「ありがと またきてね!」

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。