FC2ブログ

moonwalker

大月町での風景づくり活動日記

Entries

ガイド養成講座を開催しました。

この日、牧野富太郎の道を歩くガイド養成教室を開催しました。

今回の講師は、土佐植物研究会の田城さんご夫婦で、実際に芳ノ沢から泊浦までの間で植物の勉強を

行いました。

120715_r000.jpg

このガイド養成講座には、町外の方9名方が申し込みされておりますが、残念ながら町内の方は0です。

やはり、植物の世界は奥が深いから、私のような素人がガイドするのは相当難しいですよね。 

5年同じ道を歩いても名前を覚えられません。

炎天下の中、アオギリの花が咲いていました。
120715_r001.jpg

イヨカズラです。(これは珍しいんでしょうか?)
120715_r004.jpg

カキの芽です。(これは、間違いありません。)
120715_r005.jpg

この元木を「ヤマガキ」と表示していたのですが、ヤマガキというのは無いので「カキ」にしなさい。

また、トキワアケビは、高知県では「ムベ」の表記に統一しなさいとのご指導をいただきました。

この件に関して、再度詳しい先生に確認したところ、どちらも間違いではないようですので、そのままに

しておきます。 大月町では「ムベ」とは言いませんので・・・ご了承ください。


120715_r006.jpg

山中に入ると、沢から流れる風がとても涼しくて、炎天下の日中とは別世界のようでした。

120715_r007.jpg

120715_r008.jpg

当初の予定では、椎ノ浦まで行きたかったのですが、ゆっくりと進行したために泊浦で止めて・・・

長沢へ向かい「トキワススキ」を見物しました。
120715_r010.jpg
トキワススキは高知県では大月町にしか自生していない植物だそうです。

この付近には、秋になると牧野富太郎が「タマムラサキ」と名付けた大型のヤマラッキョウの花が

咲きます。 冬になるとヤッコソウも現れます。

そのころには、私がガイドしますので、みなさん来てください。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。