FC2ブログ

moonwalker

大月町での風景づくり活動日記

Archive [2008年10月 ] 記事一覧

牧野富太郎が大月で見た風景

ちょうど123年前の10月23日、24歳の牧野富太郎が2回目の柏島に入った。 前日、土佐清水方面から大月町へ入った彼は、町内の山河を縦横に歩き、柏島には数日間滞在しながら新種も含めて130種類もの植物と、方言やスケッチを記録することになる。 当時、柏島までは海上交通が主であり、道路といえる道はなく、大堂の原生林の山道をやっと抜け、峠から見える四国最果ての地のこの風景をどう感じて眺めたのだろうか。 ...

富太郎と三原への道

 17日より、羽藤先生と東京大学、愛媛大学の学生が大月に入り、牧野富太郎が歩いた道と資源調査を行った。 牧野富太郎は明治14年と25年の青年期に大月町に植物調査に訪れ、町内各地で植物採取をおこなっている。 今回の調査は、県立牧野植物園の牧野文庫に残る記録を基に、富太郎が歩いた道と採取した植物の調査を行い、町内で観光客をナビゲーションするシステム構築のための基礎データ収集が目的となる。 植物に詳しい...